ARCHIVE  ENTRY  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE 
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2017.08.05 Saturday

ボウバックのウインザーチェア、夏休みのお知らせ、そしてヨーロッパ仕入れへ!

8月8日(火)〜 8月17日(木)ヨーロッパ仕入れに行ってきます!

恵比寿の antiques tamiser(アンティークス タミゼ)は、仕入れ期間中は営業致しますが、
8月9日(水)は、臨時休業致します。

8月13日(日) 〜 8月16日(水)夏休み

栃木のtamiser kuroiso(タミゼクロイソ)は、通常通り日曜日、月曜日のみ営業致します。


ウインザー引き
先日駒場の日本民藝館から、次回開催されるウィンザーチェアのポスターとチラシが送られてきました。
2017年9月7日 〜11月23日開催されるとのこと。
名品の数々が一堂に展示され、眺められるなんてとても幸せですね。

さてさて、今回はもちろんウィンザーチェア。
皆さんが憧れ、探している winsor chair (ウインザーチェア)はこれでしょう!
民藝館にお貸ししてもいいのだが(笑)、僕は店師。ドンと売ってしまいます!(正直売りたくない。笑)

僕の好みは、櫛形の comb-back (コムバック)と今回のこの bow-back (ボウバック)のタイプ。
大きな弓なりの背もたれが特長です。
ウィンザーチェアの中でも初期の作りのもので、乳搾りの椅子を思わせる素朴なストレートな脚。
シンプルで繊細なスティックバックに、この肉厚な座面の迫力。
かなりずっしりと重く、しっかりとした椅子です。
破損した箇所も長い年月をかけて使い込まれ、丸くトロリと輝き馴染んでいます。
これぞ、ウィンザーチェア。
ヴィンテージや復刻も含め数あるウィンザーチェアの中でも、これは究極の一品です。
これこそ、ミュージアムピースです。
しばらくタミゼに展示します。
この機会にどうぞ。

ウインザー右
ウインザー左
ウインザー後
ウインザー前重ね
ウインザー後重ね
ウインザー外肘
ウインザー内左肘
ウインザー内右肘
ウインザー裏右
ウインザー裏左
18世紀 イギリス
売約済み
2017.07.13 Thursday

ピーターアイビーの皿が入荷。

ピーター全景
先日のワイングラス(drop goblet)は、すべて完売致しました。
ありがとうございました!

さて、今回もまたピーターからの作品が送られてきました。
一枚一枚の形やサイズの異なる皿(plate)5枚とシャープなグラス(cone goblet)です。
これからの季節にとてもふさわしい、夏のつまみや料理で飾ってください!
今回は少量のため店頭販売のみとさせていただきます。
じっくり店内で表情や質感を感じていただき、お買い求め下さい。
お早めにどうぞ!
(すべて売約済み)

ピーター俯瞰1
ピーター俯瞰2
ピーター俯瞰3
ピーター俯瞰4
ピーター俯瞰5
ピーター斜め1
ピーター斜め2
ピーター斜め3
ピーター斜め4
ピーター斜め5
2017.05.16 Tuesday

須恵器系の壷

須恵器1

美しい壷です。
立ち上がりの低い口元といい、満月のようなふっくらとした形がとても素晴らしい。
これだけの大きさもあるのに、無傷のまま発掘されたことにも驚いている。


マニアックで、陶磁器研究家にふさわしい陶芸家がこの壺を見て、
「これは珠洲なんかでは全くなくて、もっと数の少ない中世の時代に消滅をした古窯の1つだよ!」と。
そして、この形は相当な熟練の技が必要で、偽物は簡単には作れないとのことだ。

後日、またこの壺について彼から以下のメールが来た。

「この前の須恵器系の壺は、形は典型的な平安の10〜11世紀の猿投系の短頸壺の形なんだよね。
高台もあるし、高台の作りも。ただ叩き目もあるし、土の感じと焼けも須恵器というより瓦質陶器系かも。
だからこの前言ってた中世古窯の魚住とか東播磨の須恵器の流れをくんだ中世の窯かと思ったんだけど、
叩き紋もあるし。ただ、形と高台の作りが東海地区、猿投系の作りなんだよね…
ちょっと、ちゃんと調べてみるよ。」

ありがたいメールだ。
う〜〜んマニア!笑

ただただ、美しい。
もし朝鮮の前期から中期頃の丸壷があれば、共に比べて並べてみたい。
白と黒って感じで、、、。



須恵器2
須恵器3
須恵器4
須恵器5
須恵器6
平安時代の初め頃はあるだろう、須恵器系の壷。
高さ 26センチ
売約済み
2017.05.04 Thursday

羊皮紙の台帳

台帳1
最高の台帳を見つけました。
中身は普通の日記?帳簿ですが、羊皮紙の表紙にはぎっしり筆跡が!
落書きのような、
絵のような、
絵文字のような、
象形文字のような、
くさび形文字のような、、、。

スペルの確認やペンの滑りを大胆にも表紙で試すなんて、、、、!
人に見せるものでないから、「まあ〜いいか」と気にしないで書き溜めちゃったんですね。
無意識から生まれた最高のイラスト画です。

台帳2

台帳3

台帳4

台帳5

台帳中身寄り1

台帳6
裏表紙もまた面白い。
細かな筆跡が多い表面に比べ、裏面はペンの滑りを確かめたのか、おおらかなラインが多い。

台帳7
面白いな〜〜。

サイズ 34 X 22cm
1760年から書き出している。
フランス
売約済み
2017.04.24 Monday

小さなオニオンボトル

オニオン1
長年憧れ、探し続けていた18世紀初め頃の「小さな」オニオンボトルを見つけることができました。
よく見かけるオニオン(玉ねぎ型)と比べると、かなり小さいです。
このサイズのものはとても貴重で、高値で取引されています。
ほぼ無傷な状態で発掘されたのも嬉しく、飾るだけではもったいなく、見立ての酒徳利として十分に楽しめます。

オニオン2

オニオン3

オニオン4

オニオン5

オニオン6

オニオン7

オニオン8
キョトンととぼけた存在感で、この夏の冷酒にいかがでしょうか?
首下まで酒を注ぐとちょうど1合半入り、両面が平なタイプなのでとても握りやすいです。
オニオン9
1720年頃
オランダ
売約済み
2017.03.30 Thursday

懐かしい急須

白磁急須1
先日、自宅の棚を整理していたら、奥から1つの急須が出てきた。
これは、麻布十番で店をしていた頃の15年ぐらい前に沢山売った急須の1つです。
ヒビが入っていたので店から下げて自宅に持ち込んだ物でした。
皆さんも記憶にあるのでは?!当時のタミゼのヒット商品でした!笑
元々、藁に包まれていた戦前のデッドストックの急須(取手なし)を50個ぐらい仕入れ、
自らその1つ1つに針金を使い、ラフに取手を取り付けました。
その頃、僕は中国によく出かけていて、たまたま立ち寄った茶屋で出されたヤカンが、このようにラフに
針金で補修されていたのです。それを見て、いいもんだな〜と帰国後さっそくこのように再現したのでした。
今回接着して使えるように直しました。あの時買いそびれた人ぜひどうぞ!
僕の急須(一番下の画像の急須を参考)のようにさらに使い込んでお楽しみ下さい。
白磁急須2
下の画像の急須は、やはりその頃、あるギャラリーで買った急須です。形がまるでホーローのヤカンのようで、
一目惚れした陶器の急須です。元々あけびか竹の取手が付いていて、どうも自分としては、このバランスが
気に入らず、この形にはこんなラフな針金が良いだろうと取り替えたものです。
今でも大切に使っています。
作家の方の名前は忘れてしまいましたが、当時この雑なヘタウマな取手の評判がよく、
ギャラリーオーナーに教えられて、その作家がこの急須を見に来たほどでした! 笑
おわかりのように、この取手は丁寧に作っちゃダメなのです!勢いでラフに。 白磁急須3

  白磁急須4
非売品
 
2017.01.18 Wednesday

常滑の壷

常滑1
先日、テレビ(なんでも鑑定団)を見ていたら、常滑の壷がなんと200万の値がついた。
確かに「見所」のある壷は、好きな人はいくらでもお金を出す奥深い世界。
時代を現す形、窯の中で起こる魅力的な歪み、ダイナミックな自然釉の掛かりっぷりなど古窯好きには
たまらないものだろう。それら釉薬の艶やかさ、荒らしく男らしい表情はすばらしい。
玄関先、床の間にボンと置かれ、眺めるたびに悦に入り、心の中で「よし」とうなずいている光景も想像でき、
これぞ「物好き」の醍醐味だとわかる。

タミゼらしい常滑の壷はどんなものだろう。
やはり「カセ」を選んでしまう。
丁寧にそのカセた陶片を継ぎ合わし、蘇った姿、表情がたまらなくいい。
自然釉好きとは真逆な、釉薬の色気が消し去った、そんなカセ好きも少なくないだろう。
何ともいえない薄化粧のこの軽やかさが、僕には魅力的。
今回のものは常滑、いや渥美か?常滑だろう。
平安時代末から鎌倉初めのやさしい形も健在。
今、タミゼに静かに佇んでいる。

常滑2
常滑3
常滑4
常滑5
発掘時につるはしがあたったのか?

常滑6
常滑7
底は大きく穴があけられているので、たぶん骨壺として使われたのだろう。

常滑8
常滑9
内側には自然釉が残る。

常滑三筋壷
平安末期〜鎌倉初期
高さ 25センチ
売約済み

お問い合わせはこちら。
2016.12.23 Friday

クリスマスな本。AMERICAN COOKERY

週末になるとタミゼにひょっこり現れて葉巻をぷかぷかとくゆらせていた小嶋さんが、
京都に本屋を始めてもうどのくらい経つだろうか。
だいぶ前の話だが、「タミゼ〜おまえの好きそうな本の展覧会をやるから来て〜(近江弁)」と連絡をもらった。
場所は近所のMA2 gallery という所だった。
ある製紙会社のためにアートディレクターが製作したシリーズを紹介するという企画で、
そこで出会ったのが今回の本。
Amelia Simmons という料理家が、アメリカ料理をまとめた本(american cookery)を1796年に出版した。
そしてそれは、1963年にアートディレクターの Bradbury Thompson によって、時代の雰囲気をそのままに、
素晴らしい編集力とデザインにより再出版された。
これまで世界各国たくさんの料理本が出版されているが、1963年のクリスマスに発刊されたこの本は
ダントツに美しいのではないだろうか。
内容はアメリカらしい移民たちの母の味のパテ、パイ、タルト、プディング、ケーキ、、、。
料理家はもちろん、編集デザインを生業とされている方にはぜひとも手元に置いてもらいたい本です。
在庫5冊あり。(すべて売約済み)
料理1

料理2

料理3

料理4

料理5

料理6

料理7

料理8

料理9

料理10

料理11

料理12

料理13

料理14

料理15

料理16

料理17

料理18

料理本18、5

料理19

料理20

料理21
2016.12.02 Friday

もう12月ですね。

無事にオランダから帰国。
いつもと変わらず、のんびりタミゼをやっております。
そして、先日お知らせしましたタミゼクロイソも取り仕切る、高橋みどりの吉祥寺ギャラリーフェブでの展覧会も
無事に終了しました。来客数も1000人を超えたらしく、
オーナー、スタッフ、そして高橋本人もビックリしていました。
高橋の代わりに、般入搬出雑用係の(当然、手伝わされた)僕から、みなさんにお礼を!
ご来店本当にありがとうございました!買われた器を末永くお楽しみ下さい。
今回のコンセプトでもありました、高橋が10〜20年と長年愛用している器を特別今回のために、
同じ物を再び製作していただいた作家のみなさんにも、お礼を申し上げます。


ランドセル1


今回のオランダ仕入れは、全体的に数は少ないですが、レベルの高い木製品が多く買えたと思います。
一部をどうぞ。

木のもの1
左奥の縦長のものは1780年頃のランドセル。

昔の資料をご覧下さい。
当時の学校生活が想像できて楽しいですね。

ランドセル1
右奥の壁面に注目。

ランドセル2

ランドセル3

すべての資料画像はこちらのページから。
http://www.onderwijsgeschiedenis.nl/Home/



木のもの2
2016.10.15 Saturday

小紋の水差し

小紋水差し0,5
写真中央に鎮座する水差しはかなりの存在感があります。

小紋水差し1
控えめな小紋の可愛らしさと品の良さ。
古い時代を感じさせる書体も美しい。

小紋水差し2

小紋水差し3

小紋水差し4

小紋水差し5

小紋水差し6

小紋水差し7

小紋水差し8

小紋水差し9

小紋水差し9、5

小紋水差し10

小紋水差し11
18世紀 フランス
高さ 18センチ