ARCHIVE  ENTRY  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE 
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ピーターアイビーの皿が入荷。 | main | 木の小鳥 >>
2017.08.05 Saturday

ボウバックのウインザーチェア、夏休みのお知らせ、そしてヨーロッパ仕入れへ!

8月8日(火)〜 8月17日(木)ヨーロッパ仕入れに行ってきます!

恵比寿の antiques tamiser(アンティークス タミゼ)は、仕入れ期間中は営業致しますが、
8月9日(水)は、臨時休業致します。

8月13日(日) 〜 8月16日(水)夏休み

栃木のtamiser kuroiso(タミゼクロイソ)は、通常通り日曜日、月曜日のみ営業致します。


ウインザー引き
先日駒場の日本民藝館から、次回開催されるウィンザーチェアのポスターとチラシが送られてきました。
2017年9月7日 〜11月23日開催されるとのこと。
名品の数々が一堂に展示され、眺められるなんてとても幸せですね。

さてさて、今回はもちろんウィンザーチェア。
皆さんが憧れ、探している winsor chair (ウインザーチェア)はこれでしょう!
民藝館にお貸ししてもいいのだが(笑)、僕は店師。ドンと売ってしまいます!(正直売りたくない)

僕の好みは、櫛形の comb-back (コムバック)と今回のこの bow-back (ボウバック)のタイプ。
大きな弓なりの背もたれが特長です。
ウィンザーチェアの中でも初期の作りのもので、乳搾りの椅子を思わせる素朴なストレートな脚。
シンプルで繊細なスティックバックに、この肉厚な座面の迫力。
かなりずっしりと重く、しっかりとした椅子です。
破損した箇所も長い年月をかけて使い込まれ、丸くトロリと輝き馴染んでいます。
これぞ、ウィンザーチェア。
ヴィンテージや復刻も含め数あるウィンザーチェアの中でも、これは究極の一品です。
これこそ、ミュージアムピースです。
しばらくタミゼに展示します。
この機会にどうぞ。

ウインザー右
ウインザー左
ウインザー後
ウインザー前重ね
ウインザー後重ね
ウインザー外肘
ウインザー内左肘
ウインザー内右肘
ウインザー裏右
ウインザー裏左
18世紀 イギリス
売約済み