ARCHIVE  ENTRY  TRACKBACK  CATEGORY  LINK  PROFILE 
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< タミゼ復刻シリーズ 2 「本棚」 | main |
2018.09.20 Thursday

土砂降り、ずぶ濡れの猪口。

雨雲だ。
雨雲だ。

雨だ!
あっ、雨だ。土砂降りだ!


真っ暗だ!


雷だ!


稲妻だ!


貫入から雨漏りがすごいぞ!


割れも、ガラスで焼き継ぎだ!


直した職人のサインも朱で入っているぞ!



大雨、土砂降り、ゲリラ豪雨、ずぶ濡れ、雷神が暴れまくる。
なんてドラマティックなんだろう。

ダメージが味となり、絵に溶け込む大振りなそば猪口なんて、なかなかない。

土砂降り紋猪口と呼びたい。
時代も猪口中では、かなり古手の1700年頃
直径 9、2センチ
高さ 6センチ